薄毛を治すには?M字ハゲの儚き抵抗

薄毛用シャンプーはアミノ酸スカルプシャンプーを

どうもヒロです。

 

今回は、薄毛対策には必須と言われているアミノ酸シャンプー、スカルプシャンプーとはどういったシャンプーなのか少し調べてみたので書いてみます。

 

スカルプシャンプーは最近よく聞くシャンプーで、CMでも沢山のスカルプシャンプーが宣伝されていますし、ドラッグストアに行っても沢山並んでいると思います。

 

ハゲ、薄毛にはスカルプシャンプーが良いと言われていますが、そもそもスカルプシャンプーとはどういったシャンプーなのか、まずご説明します。

 

スカルプシャンプーは最近になってこそよく聞くシャンプーですが、昔は全く聞かないシャンプーでした。

 

スカルプシャンプーが世に知れ渡ったきっかけは、スカルプDではないでしょうか。

 

僕の記憶では、スカルプシャンプーという名を始めて聞いたのはスカルプDが初めてだったと思います。

 

スカルプシャンプーというのは、簡単に言うと「頭皮を洗うシャンプー」です。

 

AGAや薄毛が騒がれていなかった一昔前は、シャンプーは「髪」を洗うことを目的としていましたが、近年若い方の薄毛やハゲが増えてきて、どうすれば薄毛、ハゲが改善できるか真剣に問題視されて頭皮環境の改善としてスカルプシャンプーが開発されました。

 

薄毛対策の基本は頭皮です。

 

頭皮は野菜に例えると畑です。

 

丈夫なしっかりした新鮮な野菜を作るには、やはり畑の環境が大きく左右してきます。

 

しっかりと土に栄養が含まれていて、みずみずしい畑というのは色が綺麗で大きな丈夫な野菜が育ちます。

 

しかし、畑が荒れ果てていれば小さな萎びた野菜しか育ちません。

 

これは髪にも言える事で、頭皮環境が良ければ太く丈夫な髪を育てることができます。

 

AGAの場合は、原因から止めないと抜け毛は止まりませんが、薄毛ハゲ対策をするのなら、まず基本としてスカルプシャンプーを使って頭皮の環境を整えることが大切です。

 

 

次にシャンプーに含まれている洗浄成分について知っておいていただいきことがあります。

 

シャンプーに含まれている洗浄成分には大きく分けると、

 

・アルコール系洗浄成分

 

・石鹸系洗浄成分

 

・アミノ酸洗浄成分

 

の3つの洗浄成分が含まれています。

 

この中でも薄毛、ハゲ対策に効果的だと注目されているのが「アミノ酸洗浄成分」です。

 

アミノ酸シャンプーの特徴しては、シャンプーにアミノ酸が含まれている上に洗浄力が優しいということです。

 

髪を作っているのはタンパク質やアミノ酸です。

 

アミノ酸シャンプーはシャンプーすることによって、髪に必要なアミノ酸を補給することができます。

 

そして、頭皮に優しい洗浄力なので、余分な皮脂だけ洗い流し必要な皮脂は置いておくことができます。

 

⇒シャンプーのし過ぎはハゲる

 

この記事でもご紹介していますが、シャンプーのやり過ぎで皮脂を取りすぎるとハゲや薄毛の原因になります。

 

アミノ酸シャンプーは、アミノ酸を補給しながら、無駄な皮脂だけ取り除くことができる薄毛対策において強い味方になるシャンプーです。

 

しかしアミノ酸シャンプーのデメリットもあります。

 

それは、洗浄力が優しいため、ワックスやスプレーなどの整髪料が落ちにくかったり、泡立ちが悪かったりすることです。

 

泡立ちに関しては、最近のものは改善されていますが、洗浄力については、やはりアルコール系シャンプーや石鹸系シャンプーと比べると弱く、どうしても整髪料や髪の汚れは洗い流しにくいです。

 

対策としては、シャンプーを付ける前にシャワーで十分に髪を洗っておけば、アミノ酸シャンプーでも泡立ちやスッキリ感は、かなり違います。

 

アルコール系シャンプー、石鹸系シャンプーは洗浄力は強いですが、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうので、結果、皮脂の過剰分泌に繋がって最悪の場合はハゲや薄毛の原因になります。

 

ですので、薄毛やハゲを気にされている人はアミノ酸シャンプーで優しく念入りにシャンプーする事をオススメします。

 

ここで、アミノ酸シャンプーを見分けるのに簡単な方法を1つお伝えします。

 

アミノ酸シャンプーといっても、アルコール系シャンプーにアミノ酸が含まれているシャンプーもアミノ酸シャンプーと記載されている場合もあります。

 

決して嘘ではないのですが、やはり「アミノ酸も含まれているアルコール系シャンプー」と「アミノ酸シャンプー」では全く違います。

 

いくらアミノ酸が含まれていると言っても主原料がアルコール系では、やはり頭皮に与える負担も大きいです。

 

そこで、主成分がアミノ酸のシャンプーを見分ける方法ですが、シャンプーボトルの成分が書いてあるところを見て下さい。

 

水やアルコール、石鹸、など色々書いてあると思いますが、あの記載順は、

 

薬事法により上から配合量が多い順番で記載されています。

 

記載順については大体のシャンプーの1番上が「水」になっています。

 

注目すべきはその下に書いてある成分です。

 

例えるなら、

 


〇〇←2番目。ここが重要です。
〇〇
〇〇

 

この水の次に記載されている成分こそが主原料となります。

 

つまり、水の下に「アミノ酸」が記載されているシャンプーはアミノ酸が主成分のシャンプーということになります。

 

これは豆知識ですが、使えるので覚えておいてください。

 

まとめますと、薄毛ハゲ対策で効果的なシャンプーはアミノ酸のスカルプシャンプーになります。

 

とはいってもスカルプシャンプーの大半はアミノ酸系だと思います。

 

しかしその中でも使ってみて頭皮がつっぱたり、髪を洗ったのに皮脂が出てくるは自分に合っていないので、いくつか試してみて自分の頭環境に合ったものを探すことが重要です。

 

ではでは。