薄毛を治すには?M字ハゲの儚き抵抗

シャンプーとハゲの関係

どうも、ヒロです。

 

今回はシャンプーのやり過ぎはハゲの原因になるというお話です。

 

ハゲ対策をする上でシャンプーは必要不可欠な存在です。

 

太く丈夫な髪を生やすにもシャンプー、毛根の奥まで育毛剤を浸透させるにもシャンプーは重要な存在となってきます。

 

しかし、このハゲ対策において基本中の基本というシャンプーですが・・・

 

実は、やり過ぎるとハゲます。

 

今回のお話では、なぜシャンプーのし過ぎはハゲるのか具体的にお伝えしていきたいと思います。

 

 

まず、ハゲ対策でシャンプーをする目的は毛穴に詰まった皮脂を洗い流し、頭皮をキレイに保つことが目的です。

 

特に、スカルプシャンプーなどは頭皮を洗うように作られていますので、洗浄力も一般的なシャンプーより強く頭皮に詰まった皮脂をスッキリ洗い流すことができます。

 

しかし、その洗浄力の強さには1つ気をつけないといけないことがあります。

 

それは、頭皮はあまりキレイに洗い過ぎると、逆に皮脂でギトギトになるということです。

 

どういうことかとご説明しますと、頭皮は実は、常に若干の皮脂が必要となっています。

 

なぜ若干の皮脂が必要なのかと言いますと、頭皮が全く皮脂のないスッキリカラカラの状態ですと、ゴミや細菌が頭皮や毛根に直に付着して頭皮の炎症、ダメージに繋がります。

 

ですので頭皮は、ある程度頭皮がスッキリと乾燥した状態になると、頭皮皮脂センサーが反応して頭皮自ら皮脂を出します。

 

特にスカルプシャンプーをした後は頭皮がキレイスッキリになっていますので、頭皮は自らを守るために皮脂を出します。

 

「スカルプシャンプーしても脂出すんだったら意味ねーじゃん」と思われたかもしれませんが、大丈夫です。

 

1日1度のスカルプシャンプーで頭皮が出す皮脂はしれています。

 

毛穴の詰まる原因にはなりません。

 

しかし問題なのは、「洗い過ぎた時に出す皮脂の量」です。

 

 

頭皮は洗えば洗うほど自分を守ろうと皮脂を出します。

 

少し汗をかいたからといって1日に何度も洗浄力が強いスカルプシャンプーで頭皮を洗っていると、

 

皮脂は「ヤバいぞ、皮脂を出しても出してもスグ乾燥する。それならもっと大量に皮脂をださなきゃ」

 

というふうに皮脂を大量分泌するようになります。

 

その結果、洗えば洗うほど頭皮はスグに皮脂でギトギトになるようになります。

 

そして、大量分泌された皮脂のせいで毛穴が詰り、「薄毛になる」「ハゲる」ということになります。

 

これがシャンプーのやり過ぎがハゲるという理由です。

 

この洗いすぎると余計に皮脂を出すというのは、頭皮だけでなく顔にも言えることで、顔も洗顔を1日に何度もしていると逆にギトギトになります。

 

顔の場合は、洗顔は1日に1回で、洗顔後にスグに保湿することで、皮膚に「乾燥している」と思わせないので皮脂の分泌を防ぐことができます。

 

顔がギトギトしているのも女子からすれば、ハゲ同様にNGですからね。

 

洗顔後の保湿には、これがオススメです。

 

 

1本で全部できて、老け顔にも効果がありますよ。

 

しかし夏場など、どうしても顔が脂ぎって気持ちが悪いという時は、洗顔料は使わないで水で洗うのなら問題ないです。

 

頭皮でも顔でも、皮膚に皮脂を大量分泌させないようにするポイントは”保湿”です。

 

頭皮の場合は、あんまりにも洗浄力が強いスカルプシャンプーの使用を避けることが大切です。

 

たまにスカルプシャンプーにも、普通の肌用と、オイリー肌用があると思うのですが、オイリー肌用は洗浄力が強力なので、乾燥肌の人が使うとキレイになり過ぎて逆に頭皮が大量に皮脂を分泌します。

 

ですので、自分の頭皮状態に合ったスカルプシャンプーを探すことが大切です。

 

ちなみに僕は、少し乾燥肌なのですがコレ使ってます。

 

 

夕方になっても頭皮ギトギトしませんよ。

 

以上がシャンプーのし過ぎはハゲるという理由です。

 

洗い過ぎには気をつけて下さいね。

 

では!

 

 

⇒トップページに戻る