薄毛を治すには?M字ハゲの儚き抵抗

シャンプーのやり方

どうも、ヒロです。

 

今回はシャンプーのやり方についておさらいしたいと思います。

 

薄毛対策にとってシャンプーは、超重要事項に入り、ここをしっかりすることによって結果は大きく変わってきます。

 

昔、東国原英夫先輩がテレビでシャンプー1つでボリュームが大きく変わってくると言っていたのも見たことがあります。

 

どうせ毎日するものだから少しでも得したいですよね。

 

それでは、僕のネットでいろいろ研究してたどり着いた究極のハゲシャンプー法をお話したいと思います。

 

 

まず、基本中の基本ですが、髪を濡らしてスグにシャンプーはつけてはいけません。

 

シャンプーで大事なのはあらかじめ髪の汚れをシャワーでよく洗い流しておくことです。

 

ワックスやスプレーなどの整髪料や、髪に付いたホコリや汚れなどは、シャワーでほぼ洗い流すことができます。

 

ですのでシャンプーを付ける前に、シャワーだけでしっかり髪を洗い流しできだけ汚れを取って下さい。

 

シャンプーの泡立ちの面でも、髪を濡らしてスグにシャンプーを付けるのと、ちゃんと洗い流してから付けるのとは全く違うので、少ない量のシャンプー液で済み、節約にもなります。

 

そして、シャワーでできるだけ髪の汚れを洗い流したら次はいよいよシャンプーです。

 

シャンプーは、「ワンプッシュ」「ワンシャンプー」で十分です。

 

シャンプーの種類や髪の長さにもよりますが、あらかじめ汚れを落としておけばシャンプーは1回のプッシュで泡モコモコになるものです。

 

そして1度洗いで十分キレイになるものです。

 

それではシャンプーのやり方ですが、まずワンプッシュシャンプー液を手に取ったら襟足からシャンプーをしていきます。

 

襟足とは、後ろ首のところです。

 

一昔前のヤンキー用語では「ヤン毛」とも呼ばれてましたね。笑

 

シャンプーは最初にヤン毛にシャンプー液を付けて泡立てます。

 

ヤン毛の部分は加齢臭の発生ポイントとも言われているので、しっかりゴシゴシ洗って下さい。

 

そして、シャンプーが泡だったら、次はヤン毛から耳の上の方まで泡を持って行く感じでゴシゴシしながら移動して行きます。

 

ハゲ対策のシャンプーは、ヤン毛から耳の上にかけては、少し強めにゴシゴシいってもらっても大丈夫です。

 

そして耳の上までゴシゴシ洗えたら、次はその泡を後頭部に持って行きます。

 

この時、決してMAXパワーでゴシゴシは行かず、少し力を落して下さい。

 

AGAなどの薄毛になってしまうと、後頭部から前髪にかけては一番脱毛ホルモンの影響を受けやすい部分です。

 

ヤン毛などと同じパワーでゴシゴシいってしまうと抜けまくる可能性があるので、できるだけ優しくゆっくり洗うことが大切です。

 

具体的には、絶対に爪はたてずに指の腹で頭皮を揉むようにゆっくり洗うことが大切です。

 

優しくゆっくり、頭皮の皮脂を揉みだすように洗っていきます。

 

そして後頭部が洗えたらそのままゆっくり前髪の方へ進んで行きます。

 

焦らずゆっくり丁寧にです。

 

そして、最後に前髪の生え際を洗ったら完了です。

 

シャンプー洗い流しのシャワーですが、むちゃくちゃ重要です。

 

絶対に適当にしないで下さい。

 

しっかりシャンプーを洗い流しておかないと、毛根にシャンプーが詰りハゲの原因になったり、シャンプーで頭皮が傷んだりします。

 

ですので、シャンプーは絶対に残らないようにしっかり洗い流して下さい。

 

以上、僕のハゲ対策法シャンプーです。

 

是非参考にして下さい。

 

ちなみに僕が使っているシャンプーはこれです。

 

ハゲ用のスカルプシャンプーなので、値は少ししますが、1プッシュで泡立ちはバツグンで僕は1本で半年持ちましたよ。笑

 

 

ではまた!

 

 

⇒トップページに戻る