薄毛を治すには

タバコを吸うとハゲるのか?

 

どうも、ヒロです。

 

今回は、タバコとハゲについてお話しようと思います。

 

今タバコ凄く高くなっていますよね。

 

最近は値上げのことや吸える場所も極端に減ってきていることもあり、タバコを吸う人も少なくなってきています。

 

タバコと薄毛の関係ですが、結論から言いますと、タバコはハゲの原因になります。

 

タバコにはニコチンという有害物質が含まれているのですが、タバコを吸うとこのニコチンが血中に流れます。

 

ニコチンは血液をドロドロにする悪い働きがあって、毛根に栄養を送り届けるための毛細血管にも悪影響を及ぼします。

 

ニコチンでドロドロになった血液は通常の血管と比べてかなり細い毛細血管を流れることは困難で詰まってしまいます。

 

そして、毛根に髪のために必要な栄養を届けることができなくなって、細い弱い毛しか生えなくなり簡単に抜け落ちてしまいます。

 

その結果薄毛になってしまいます。

 

タバコを吸っている人が全員薄毛になるかと言われれば、そうでもありませんが、薄毛になる可能性が高いのは確かです。

 

 

⇒トップページに戻る