薄毛を治すには

若ハゲの原因はほぼこれです

どうも、ヒロです!

 

今回は若ハゲの原因についてお話しようと思います

 

薄毛は早い方で20代前半から始まります。

 

僕もM字ハゲにデビューしたのは26歳の時からです。

 

20代から始まる若ハゲの原因は、ストレスや生活習慣、遺伝など言ってみればさまざまですが、圧倒的に共通する大きな原因があります。

 

まさに若ハゲのほとんどの原因はこれだと言っても過言ではないと思います。

 

その原因というのが、AGAです。

 

AGAというのは「若年性脱毛症」とも呼ばれていて、若い世代に最も多い薄毛の原因です。

 

テレビやCMなどでもたまに見かけると思います。

 

お笑いコンビの爆笑問題も
「お医者さんに相談だっ♪」というフレーズでAGAのCMをしていたと思います。

 

AGAというのは、体内のホルモンが関係してくるハゲの原因で、一度AGAになると放っておいても治る事はなく、薄毛はドンドン進行します。

 

しかし対応が早ければ、進行を止めることができます。

 

AGAは皮膚科に行けば、血液検査や頭皮の状態で診断を受けることができます。

 

放っておいて後悔するか、原因を抑えて助かるのかは、本当にスピード勝負だと思います。

 

ハゲている僕からもアドバイスさせていただいますが、ハゲたくなければマジで早目の対応をして下さい。

 

「まだ大丈夫だろう」

 

「まさか俺がハゲるわけねー笑」

 

と余裕こいていると後で取り返しのつかないことになります。

 

僕は、まだ大丈夫、俺がハゲるわけない、と余裕こいていて20代後半でズルズルにハゲました。

 

AGAは早めの対応ならハゲを止めれます。

 

 

最近少し抜け毛が増えたなぁ

 

ん?急に髪が細くなってきたぞ

 

など、「今までと何か違うな?」と思ったら一度皮膚科に行かれるのをオススメします。

 

AGAの仕組みや、どうすれば治すことができるのかは、こちらの記事で詳しく解説しております。

 

⇒AGAの仕組み、対応策は?

 

ではでは。

 

 

⇒トップページに戻る