薄毛を治すには

AGAとは?

どうもヒロです。

 

今回は、若ハゲの最大の原因であるAGAについて、

 

AGAとはいったい何なのか?

 

どうすれば防げるのか?

 

というのを具体的にお話しようと思います。

 

 

AGAというのは20代前半などの若い内から始まる、いわゆる「若ハゲ」の大きな原因の1つです。

 

まずAGAは、どのようなものなのか簡単に言うと、

 

男性ホルモンが関係した薄毛の症状です。

 

ですので、治す、または抑えるには体の中から対策していかなければなりません。

 

AGAの場合に、シャンプーや育毛剤で薄毛を止める事ができないのは、これが理由です。

 

では、AGAとはどういう仕組みなのかご説明させていただきます。

 

 

AGAの仕組み

 

男性には、テストステロンという男性ホルモンが存在します。

 

テストステロンは、筋肉を作ったり、元気の源になるホルモンで、テストステロン自体にはハゲる働きはないのですが、テストステロンとある酵素が結合するとAGAの原因になる脱毛酵素に変わってしまいます。

 

その、「ある酵素」というのが、5aリダクターゼ酵素です。

 

5aリダクターゼ酵素というのは、1型と2型があり、通常は1型しか発生しません。

 

そしてその1型の5aリダクターゼ酵素は、テストステロンの働きをサポートするもので、筋肉を付きやすくしてくれたり体を元気にしてくれたりと、嬉しい酵素です。

 

しかし、問題なのは2型が発生した時です。

 

5aリダクターゼ酵素の2型は、ヤバいです。極悪です。

 

2型発生の原因は、あまり解明されていないのですが、5aリダクターゼ酵素の2型というのは、テストステロンと結合すると最強の脱毛酵素に変わってしまいます。

 

その最強の脱毛酵素というのが、
脱毛酵素ジヒドロテストステロンです。

 

ジヒドロテストステロンは別名DHTとも呼ばれ、AGAの黒幕です。

 

それではジヒドロテストステロンが発生するとどうなるかとご説明します。

 

ジヒドロテストステロンの代表的な悪行は、
髪の寿命を極端に短く縮めてしまうことです。

 

髪にはヘアサイクルというものがあって、通常、健康な髪は生えてから抜け落ちるまで5年から6年の寿命があります。

 

しかし、ジヒドロテストステロンはこの寿命を数ヶ月から1年程に縮めてしまいます。

 

この結果、髪は新しく生えてもスグに抜けてしまいますので、生える髪より抜ける髪の勢いが勝って徐々に薄毛になっていくのです。

 

 

 

ジヒドロテストステロン発生!

 

髪の寿命6年 ⇒ 数ヶ月から1年

 

生える髪 < 抜け毛

 

この結果、髪は徐々に薄くなります

 

ジヒドロの野郎、ムカつきますよね!

 

でも安心して下さい。

 

ジヒドロの野郎には弱点があります。

 

 

AGA治療 ジヒドロテストステロンをぶっ飛ばす

 

AGAとは脱毛酵素ジヒドロテストステロンが発生して、徐々に髪が薄くなっていく状態のことを言います。

 

では、どうすればAGAの大元の原因でもあるジヒドロテストステロンを抑えることができるのかご説明します。

 

ジヒドロテストステロンを抑えるには、AGA治療薬の「プロペシア」を飲む事です。

 

プロペシアというのはこのような錠剤の薬です。

 

 

プロペシアは、もともとは前立腺癌の抗がん剤として使われていたのですが、服用していた患者さんの多くが体毛が濃くなったことを不思議に思った医師が詳しく調べたところ、

 

プロペシアには、脱毛酵素の発生を防ぐ働きがあることが分かったのです。

 

そして、プロペシアは正式に薄毛治療薬と認定されて、現在はAGA治療薬としても活躍しています。

 

しかしプロペシアは医薬品であるため、手に入れるためには医師の診断が必要となります。

 

一度に出してもらえる量は3ヶ月分くらいだった思います。

 

そしてプロペシアは保険は適用しませんので、1錠が250円で、1日に1錠服用しますので、1ヶ月7500円程の薬代がかかります。

 

しかし、プロペシアを服用するにあたって1番の心配が副作用です。

 

プロペシアは、安全と認定されていても、やはり医薬品であるため多少の副作用はあります。

 

プロペシアの副作用の代表的なものには、「腹痛」「性欲減退」」というものがあります。

 

僕の個人的な意見としては、ハゲが治るならちょっとくらいの腹痛なら我慢できるけど、男として性欲がなくなるっつーのはヤバいな・・・と思います。

 

そこで、効果としてはプロペシアより弱いですが、副作用無くジヒドロテストステロンを抑えることができるサプリメントがあります。

 

このサプリメントは、プロペシアと同じ効果が期待できて、なおかつ副作用の心配がありません。

 

 

ノコギリヤシサプリは副作用の無いプロペシア

 

 

このサプリメントは「ボストン」という名前で、原料はノコギリヤシというヤシ科の植物のサプリメントです。

 

このノコギリヤシですが、実はプロペシアと同じジヒドロテストステロンを抑える効果が期待できる植物です。

 

ノコギリヤシの成分には、ジヒドロテストステロンの発生の原因となる極悪酵素、5aリダクターゼの2型の働きを抑える働きがあり、ジヒドロテストステロンの発生自体を防ぐ効果があります。

 

ノコギリヤシの力

 

ジヒドロテストステロンの発生の原因となる

5aリダクターゼ酵素2型の働きを抑える効果あり

 

その結果、

 

ジヒドロテストステロンの発生自体を防ぐことが可能

 

天然成分のサプリメントなので、効果としては医薬品であるプロペシアには勝てません。

 

しかし、サプリメントの最大のメリットは、副作用の心配が無いことです。

 

例えばご紹介のノコギリヤシサプリ「ボストン」は、発売から15万本以上売れているにも関わらず副作用の報告は一切ございません。

 

ですので、ハゲを原因から改善したいけど医薬品に手を出すのはちょっと・・・と抵抗がある方は、まずノコギリヤシサプリから試されることをオススメします。

 

ボストンには、ノコギリヤシ以外にもジヒドロテストステロンを抑える効果がある「亜鉛」も含まれています。

 

ノコギリヤシと亜鉛のダブルでジヒドロテストステロンを抑えつける徹底ぶりです。

 

その他にも、イソフラボンやコラーゲンペプチド、L−リジンなどの髪を太く丈夫にする成分や、性的能力向上、筋肉増強、脂肪燃焼効果があるL-アルギニンなど、髪&体に良い20種類以上の成分バランスよく配合しています。

 

もちろん僕も愛用中です。

 

僕の飲んでみた感想はコチラのサイトでご紹介しています。

 

⇒ノコギリヤシサプリボストンの感想

 

以上がAGAの仕組みと解決策になります。

 

AGAは、放っていても薄毛は進行するばかりです。

 

「まだ大丈夫」 「まさか自分が(笑)」

 

その余裕が後で取り返しのつかないことになります。

 

後で後悔しないためにも、本当に早めの対応をオススメします。

 

では!