薄毛を治すには

パソコンのし過ぎはハゲる

どうも、ヒロです。

 

今回は、パソコンやスマホ、ゲームのし過ぎはハゲるというお話です。

 

長時間パソコンやスマホを見ているとハゲると言われています。

 

しかしパソコンからハゲる「何か」が出ているわけではありません。

 

僕も最初は「え?なんで?」と疑いまくったのですが、パソコンがハゲるという理由は『眼精疲労』にあるようです。

 

1日に1時間程度なら問題ないと思いますが、1日に3時間、4時間の長時間、パソコンのモニターやスマホの画面、ゲームの画面に集中していると、必ず目が疲れます。

 

集中している時は楽しいので苦に思いませんが、同じところをずっと見ている目は意外にダメージを受けています。

 

これが眼精疲労です。

 

そして眼精疲労は、血行不良の原因になります。

 

長時間ゲームをした後や、パソコンをした後って目の回りや顔色が青白くなりますよね。

 

これは、眼精疲労による血行不良によるものです。

 

顔が血行不良になるということは、当然頭皮も血行不良になっています。

 

毛根に栄養を届け、太く丈夫な髪を育てるためには血行の流れがけっこう重要になってきますので、血行不良はハゲの大きな原因になります。

 

つまり、パソコンがハゲるというのは眼精疲労から来る血行不良が原因ということになります。

 

仕事でパソコンを使う方は仕方がないですが、長時間モニターを見るのは、そうとう目は疲れますのでたまには遠くを見たり目を上下させて目のコリを取って下さいね。

 

コメカミをマッサージするのも眼精疲労には効果があるみたいです。

 

ではでは。

 

⇒トップページに戻る