薄毛を治すには

ハゲる前兆

どうも、ヒロです。

 

今回は僕も経験したハゲの前兆についてお話したいと思います。

 

 

ハゲはある日突然やってきます。

 

俗に言う「スイッチが入った」というように一旦抜け毛が始まると、見る見るうちに薄毛になっていってしまいます。

 

しかし、ハゲる前というのは何かしらの前兆というものがあります。

 

僕も、いくつか心当たりがあるのでお話しようと思います。

 

これらはネットなどで調べても、かなり信憑性の高いハゲの前兆なので、是非チェックしてみて下さい。

 

 

 

風呂で短い毛が抜ける

 

これはシャンプーをした時の抜け毛のことですが、シャンプーをした時に先端が細くなっている短い毛が抜ければヤバいです。

 

通常、人というのは1日に50本から100本は髪が抜けます。

 

ですので、風呂でシャンプーをした時に、2、30本の抜け毛なら全く問題はありません。

 

それに、抜け毛でも太く長い抜け毛は、髪の寿命を終えて抜けた髪なので、自然の現象で何の問題もありません。

 

しかし、先ほどヤバいと言いました”先端が細くなっている短い毛”が抜け毛に目立った時は要注意です。

 

実は、先端が細くなっている小さなトゲのような抜け毛というのは、生えて間もない毛なのです。

 

髪は本来、生えてから抜け落ちるまで5年から6年の寿命があります。

 

しかし、この先端が細い小さなトゲのような抜け毛は、生えて数ヶ月の毛が抜けていることになります。

 

本来5年から6年の寿命があるはずの髪が、わずか数ヶ月で抜け落ちているのです。

 

これはAGAの典型的な症状で、脱毛酵素ジヒドロテストステロンの働きによって、5年から6年の髪の寿命を数ヶ月程度で終わらせてしまっているからです。

 

つまり、先端が細く短い抜け毛が目立ってきているということは”AGAである可能性が高い”ということになります。

 

僕も今思えばハゲる前にシャンプーにこのタイプの抜け毛が沢山混ざっていた気がします。

 

もしジヒドロテストステロンが原因の抜け毛なら早めの対応が必要となってきますので、”先端が細く短い抜け毛”には十分に注意して下さい。

 

AGA、ジヒドロテストステロンについてはコチラをご覧ください。

 

⇒AGA、ジヒドロテストステロンとは?

 

 

 

風呂上りでもおこでがギトギトする

 

急に顔や頭皮が脂っぽくなってきてもハゲる前兆の可能性があります。

 

AGAの原因である脱毛酵素ジヒドロテストステロンが体内で発生すると、皮脂を過剰分泌することがあります。

 

ですので、お風呂に入った後でもおでこがテカテカして脂ぎっていたり、シャンプーをした後でも頭皮が脂臭くなりだしたら、ジヒドロテストステロンが発生している可能性があります。

 

脂ぎっしゅ+抜け毛が増えてきたらハゲの前兆大なので、かなり要注意が必要です。

 

 

 

急にフケが増えた

 

これまで全く出なかったフケが急に出てきたらハゲの前兆の可能性があります。

 

先程ジヒドロテストステロンの発生より皮脂が過剰分泌されるとお話させていただきましたが、

 

この急に出るフケというのは、その過剰分泌された皮脂が固まったものである可能性が高いです。

 

 

過剰分泌されたフケは、毛穴をしっかり洗わないと固まってしまいます。

 

特に冬は汗をかきませんので固まりやすい季節です。

 

そして、固まった皮脂を頭皮の痒みなどでポリポリかくと、フケとしてポロポロと剥がれ落ちます。

 

ですので、これまでフケ体質でなかった方が急に頭をかくとフケが出てくるようになったということは、ジヒドロテストステロンによる皮脂の過剰分泌が起きている可能性がありますので、ハゲの前兆である可能性があり注意が必要です。

 

 

 

白髪が増えてきた

 

急に白髪が増えたり、髪が少し茶色がかった色になってもハゲる可能性があります。

 

白髪は年齢とともに増えてくるものなので、ハゲの前兆ではないこともありますが、これまで黒々とツヤがあった髪が、くすんだような茶髪になってきたらハゲる可能性があります。

 

これは、脱毛酵素の働きと言うより、髪に栄養が行き届いていないことが原因と考えられます。

 

ストレスや食生活や喫煙などで、頭皮の毛細血管が詰まったり、収縮してしまうと毛根に栄養を運ぶことができなくなります。

 

黒々としたツヤのある髪はしっかり栄養が行き届いている髪で、頭皮の毛細血管も正常の働いている状態です。

 

しかし、毛細血管が詰まったり、収縮してしまうと髪が栄養不足になって、ツヤがなくなってきたり、黒髪の色素が薄くなってきたり、細くなって弱々しくなってきたりします。

 

そして、この状態がいつまでも続くと、最後には髪は抜け落ちてしまい、徐々に薄毛になってしまいます。

 

ですので、AGA以外にもストレスを溜め過ぎないように、たまには思いっきりはじけてみたり、食生活も見直してみるということが大切です。

 

 

以上が代表的なハゲる前兆となります。

 

いずれにしても、もしスイッチが入ってしまったのならジヒドロテストステロンを抑えない限り抜け毛は止まりませんので、心当たりのある方は早めの対策をして下さいね!

 

⇒ジヒドロテストステロンを抑えるにはコチラ

 

ではでは。