薄毛を治すには

育毛剤と発毛剤の違い

どうも、ヒロです(*^^*)

 

今回は、育毛剤と発毛剤の違いをお話しようと思います。

 

薄毛対策で皆さんがお使いになられているのは、育毛剤ですか?発毛剤ですか?

 

「え?何言ってんの?」

 

「どっちも一緒でしょ?」

 

と思われた方は特にチェックして下さい。

 

僕も初めは同じだと思っていました。

 

実は、薄毛を治すためにドラッグストアなど売っている、あのさまざまな夢と希望の薬には育毛剤と発毛剤の2種類あるのです。

 

そして、それぞれの使用目的、効果は違いますので、しっかり理解した上で使わないと風邪を引いているのにボラギノールを購入するのと同じくらい間違った選択をしてしまいます。

 

それでは、具体的に育毛剤と発毛剤は何が違うのかをご説明します。

 

まず、育毛剤ですが、これは名前の通り”毛を育てる剤”です。

 

ですので、ここで気をつけなければならないのが、育毛剤では髪は生えないということです。

 

育毛剤は、あくまで髪があるのを前提に、その髪を太くしたり丈夫に育てるのが目的で、生えさす効果はありません。

 

ドラッグストアに行くと、よく

 

「世界発!」とか「生薬の力でグングン!」とか「フサフサに!」とか「極毛!」など、夢のようなキャッチコピーのものを見かけますが、実はあれ、”髪を生えさす”効果はほとんどありません。

 

実際によく注意してみていただくと、「髪が生える」と言いきって書いてあるものは無いと思います。

 

あれは、できるだけ「生える」という印象を与えるためギリギリの表現をしているのです。

 

「世界初!タケノコ成分でグングン育つ!驚きのボリューム!」

 

いかにもハゲがボーボーになりそうなキャッチフレーズですが、「生える」とは一切書いていません。

 

生えると思わせているだけです。

 

 

ハゲである僕たちが求めているものは、

 

「髪の無い部分からの発毛」

 

であって、髪を太くしたり丈夫にすることではありません。

 

もちろん髪を太くしたり、丈夫にしたりするのも魅力的ですが、やはり極論すると、

 

「髪が生えてきてほしい」

 

という結論にいたります。

 

 

 

ですので、育毛剤がダメというわけではありませんが、「生える」ことを期待して買うのなら、効果は期待できませんので、その点をご注意ください。

 

では、髪が生えさす育毛剤はあるのか?ということですが、髪を生えさすには「発毛剤」を使います。

 

発毛剤は、名前の通り「毛」を「発する」ものです。

 

つまり育毛剤と違い、「髪を生えさすこと」を目的としたものとなります。

 

しかし、あの大量のヘアケアアイテムの中から、

 

どうやって発毛剤を見分けたらいいの?・・・

 

と疑問に思われると思います。

 

 

でも、ご安心下さい。

 

発毛剤を見分けるのは、超かんたんです。

 

 

<発毛成分ミノキシジル>

 

発毛剤を見分けるには、配合されている成分がポイントとなります。

 

そのポイントというのが、配合成分に「ミノキシジル」が入っているかどうか?です。

 

ミノキシジルというのは、世界で唯一発毛効果が認められた発毛成分です。

 

逆に言うと、”ミノキシジル以外は発毛効果が無い”ということになります。

 

このことから発毛剤を見分けるには成分にミノキシジルが配合されていることになりますが、実は日本でミノキシジルが配合されている発毛剤はただ1つだけです。

 

つまり、日本で「生える」という発毛効果が認められている発毛剤は1つで、それを買えばいいということになります。

 

その発毛剤というのが、みなさんご存じだと思いますが、大正製薬のリアップです。

 

リアップは唯一、日本でミノキシジルが配合されている発毛剤です。

 

ミノキシジルの発毛効果の仕組みは、血管を拡張するところにあります。

 

薄毛になったり、ハゲたりするのは、頭皮に張り巡らされている毛根に栄養を届けるための毛細血管が縮小しているのが原因です。

 

ミノキシジルは、この縮小している毛細血管を拡張させる効果があり、栄養を運ぶことを活性化させて毛根を復活させることができます。

 

しかし、ミノキシジルは医薬品で強力ゆえに副作用というデメリットもあります。

 

そのデメリットというのが、高血圧です。

 

ミノキシジルの血管拡張作用には血圧を上げてしまう副作用があります。

 

ですので、高血圧の方や心臓病の方は医師に相談してから使用した方がよいと説明書にも書かれています。

 

でも、日本の厚生労働相と厳しい機関の基準をクリアしている以上それほど心配しなくても大丈夫かなというのが僕の意見です。

 

 

まとめますと、育毛剤と発毛剤の違いは、

 

育毛剤は、髪を太くしたり丈夫にするのが目的で、髪を「生えさす」ものではない

 

発毛剤は髪を生えさすことが目的で、日本で発毛効果が認められているものはリアップ

 

ということになります。

 

是非参考にして下さい。

 

では!

 

 

⇒トップページに戻る