薄毛を治すには

ハゲの天敵

どうも、ヒロです(*^^*)

 

今回は、ハゲの天敵「風」についてお話しようと思います。

 

「ハゲに風」

 

これはナメクジに塩をかけるくらい残酷なことです。

 

薄毛の仲間の共通の悩みに「風」があります。

 

僕は26歳の時から少しずづハゲデビューしていきハゲのタイプはM字ハゲです。

 

現在は32歳ですが、今M字ハゲの具合はおでこの生え際から5センチほどは攻め込まれて見事なMの字を描いています。

 

例えるなら、ドラゴンボールのベジータですね。

 

豪快なM字ハゲです。

 

しかし、普段は髪型でM字ハゲを隠しています。

 

髪型は頭頂部の髪を少し長めにおいといて、その髪をM字ハゲの部分にかぶせている感じです。

 

パッと見は決してハゲてるとは分かりませんが、問題は風が吹いた時です。

 

僕の髪質はもともと細くコシのない髪質なんで、風が吹くとM字ハゲにかぶせている部分の髪は浮き上がります。

 

歩いていてトラックが横を通ったくらいの風圧で油断していると、かぶせている髪が浮き上がりM字ハゲが露わになります。

 

正直物凄いストレスです。

 

遊びに行っていても、天気が良くても、とにかく外に出るのが憂鬱です。

 

常に風が気になり、外にいる時は気が抜けません。

 

何をしていても外にいる以上髪型が気になって楽しむことなんてできません。

 

風が吹くと風の流れに頭の向きを合わせて髪が浮かないようにするので、風の言いなりです。

 

トイレに行く回数も増えます。

 

休日に外に遊びに行った時なんて風のせいで行きたくもないトイレに何度も行って鏡で髪型をチェックしなくてはなりません。

 

ハゲてからはとにかく風に敏感になり、風がムカつきます。

 

ハゲてなかったらどんなに楽しいだろう・・・

 

外で走ったり、風を全く気にしないでおもいっきりはしゃいだりできたら楽しいだろうな・・・

 

風が吹いていても全く動じず歩いているイケメンなどを見ると、物凄く自己嫌悪に陥ります。

 

とにかく自信が持てません。

 

いっその事、坊主頭にしてM字ハゲを隠さなければいいのですが、仕事もありますので坊主はできません。

 

それにできるなら少しでも髪型もカッコよくしたいものです。

 

ワックスで毛先を遊ばせてみたり、フワッとエアリーな感じも演出してみたいものです。

 

髪の悩みでこれだけ人生もっていかれるとは、中学の時まではマジで想像できませんでしたね。

 

まぁ仕方ないんで頑張ります。

 

ハゲ仲間の皆さんも風で悩んでいるのは1人じゃありません。

 

ちっぽけなことですが、真剣に悩んでいる仲間は沢山います。

 

いいじゃないですか!笑い飛ばしてやりましょうよ!

 

俺は今度、強風の中、ノーガードで駅前突っ走ってみます。

 

ではまた!

 

 

⇒トップページに戻る